塗り変えチェック

HOME > 塗り変えチェック

塗り替えチェック

新築の時には汚れ一つなく綺麗な状態だった外壁も、時間が経てば経つほど汚れ、傷みが目立ってきます。その原因は雨や風、そして紫外線などによって常に外に面している外壁の塗料の効果は残念ですが永久には続きません。

外壁塗装の本来の役割は、外観の美観ではなく、雨や風、紫外線などから住宅や建物を守ることにあります。塗装の劣化が進んでしまうと、住宅や建物そのものに傷みが生じてしまいます。塗装のタイミングが遅れれば遅れるほど、傷みの進行は進んでしまいます。

ですが、まだ塗装が役割を充分に果たしている段階で、繰り返し施工するのは家計に響いてしまいます。“どのタイミングで塗り替えを行うのがベストなのか?”そう考える方も多いと思います。なので目安となる塗り替え時期をご案内致します。

※目安表はあくまで目安になります。住宅や建物の状態や使用した塗料によって一番いい時期は異なります。確実な判断は施工業者などにご相談頂けたらと思います。

塗替え時期とサイン

外壁

築7~10年

雨や風、紫外線の影響で傷みが生じてきたら、早急な塗り替えをオススメします。塗料によっては効果が10年以上続くものもありますので、住宅や建物の環境条件などを見て選ぶといいでしょう。色褪せやひび割れ、触れた際の粉の付着などが起こったら早急な塗り替えが必要です。

屋根

築5~8年

住宅や建物の中で最も傷みやすいのが屋根です。全体の傷みはそれほどではなくても、部分的な箇所の傷みが見られたら施工のタイミングです。屋根の苔や変色、塗料の剥がれなどが起こってきたら早急な塗り替えが必要です。

鉄部

3~5年に一度

鉄部は雨などによっての錆びや剥がれが生じてきます。そのままの状態にしておくとリフォーム時に高コストになってしまいます。

木部

3~5年に一度

主に雨などによって劣化が進んでしまうと、表面部分が剥がれ腐ってしまい、雨漏り、白アリの発生の原因になってしまいます。

防水

5年に一度

天井や壁などにうっすらとシミが出来たり、木部にひび割れが見られたり、雨漏りだけではなく、カビなどが発生した場合は人体にも影響がある場合があります。

ウレタン塗料 - コスト抑える –

店舗やアパートなどの建物によく使用され、塗料の中では比較的安価な塗料です。耐久性はあまりありませんが、その分安価でツヤが出やすい塗料なので仕上がりが綺麗です。店舗などに向いています。

◎高い汎用性

とても扱いやすい塗料なので、誰が塗っても上手くいく塗料です。

◎防カビ・防藻性

カビや藻などから建物の美観を守ってくれます。

◎安いけれど耐久性はイマイチ?

安価なので経済的にはいいですが、その分耐久性が低い為、長期的な美観維持には不向きです。頻繁に色を変えたい方や店舗などには向いています。

職人から一言

近年でもよく使用されている塗料の一つです。やはり安価なところが魅力的で、職人にとっても塗りやすく、ツヤも出しやすい塗料です。

耐久性は低いですが、なんといっても安価なので、新規店舗などの費用を抑えたい方にはいいでしょう。ただ10年に一度くらいのペースで塗り替えをご希望のお客様には耐久性が足りないと思います。

シリコン塗料 - 低価格と耐久性のバランスが良い –

塗装した表面が硬化するので見た目が綺麗に見える他、長期間高い防汚性を保ちます。ウレタンの耐久性が10年程といわれていますが、シリコン塗料はその1.5倍ほどの耐久性を誇ります。また、透湿性に優れた塗膜なので塗膜の剥がれや膨れ、住宅や建物の内部結露を防いでくれます。

◎高い耐久性

耐久性だけでなく、耐熱性にも優れているので湿気や紫外線などの劣化を防ぎ、長期間外壁を保護できます。

◎防カビ・防藻性

カビや藻などから建物の美観を守ってくれます。

◎透湿性

シリコン塗料が持っている透湿性は、空気中の余計な水分も排出する働きがあるので、壁の内部に生じる結露を排除してくれます。

職人から一言

ウレタンと同じでシリコン塗料もよく見かける塗料です。どんな下地にも塗りやすく、速乾性もにも優れているので、職人にとっても使いやすい塗料です。値段もそこまで高価ではなく、耐久性に優れツヤも出しやすい、バランスのいい塗料です。普段街で見かける建物もこの塗料が使われていることが多いのではないでしょうか。

遮熱塗料と断熱塗料について

1. はじめに

最近の塗り替え工事の際によく耳にするようになった遮熱塗料と断熱塗料。中には節電やエコ塗料だと言われている塗料もありますがそれらの塗料も大体がこの遮熱塗料と断熱塗料と同じものです。
この2つの塗料にはどんな特徴があるのか、使用効果は何なのかをこのページで考えていきたいと思います。

遮熱塗料と断熱塗料は一見似たような言葉ですが、それぞれ全く異なった特徴をもっています。最初に遮熱塗料ですが、“熱を遮る”という言葉通り、塗料(塗膜)によって熱を遮る効果が期待できる塗料です。
次に断熱塗料ですが、“熱を断つ”という言葉通り、塗料(塗膜)によって熱を断つ効果が期待できる塗料です。
どのようにして熱を遮ったり断ったりできるのかというと、それにはまず室内と室外温度の上昇がどのように行われるか考えなくてはいけません。

2. 温度上昇の原因

室内の温度上昇の原因は室内外の気温・太陽光によって起こります。太陽の光によって室内外の温度は上昇するので大体の原因は太陽光です。
その他の原因としましては、室内にある電化製品も室内の温度を上げる原因の1つではありますが、太陽光に比較するとわずかな要因なのでこのページでは太陽光のみで考えていきます。

太陽光のエネルギーは赤外線、可視光、紫外線からできています。この中の赤外線が性質のエネルギーとなります。
太陽の高度によって赤外線の量が変わります。
夏季は太陽が高度が高くなるので、そのエネルギーを受ける割合が増えます。逆に高度が低くなる冬季はエネルギーを受ける割合が減ります。

なので、赤外線の量が増える夏季は温度が上がり、冬季は温度が下がるのです。

3. 遮熱塗料「高日射反射塗料」とは

上記において、熱の原因は太陽光エネルギーである赤外線だということが判明しました。
その熱エネルギーの影響を受けないようにすれば、温度の上昇が緩やかになるということなので、その熱を遮ることが目的である塗料が遮熱塗料になります。正確にいうと、遮熱塗料は熱を遮るというよりも赤外線をある程度反射し、直接的に熱エネルギーの影響を遮ることができる塗料なのです。

代表的な遮熱塗料

4. 断熱塗料とは

遮熱塗料が熱の原因である赤外線を反射し、受ける赤外線の量を減らし、表面温度が上がるのを妨げることに効果を発揮する塗料に対して、断熱塗料は熱を断つことのできる塗料ということが分かります。

塗膜の表面温度は時間が経つにつれて内部にも影響を及ぼします。この表面温度の影響を遮断することができる塗料が断熱塗料です。
通常の塗膜の場合、すぐに熱の影響が内部に伝わってしまいますが、断熱塗料の場合だとある程度は熱の影響を遅らせることができるので、内部の温度上昇にかかる時間を遅らせることで、内部の温度上昇自体を遅らせることが可能です。

ですが、塗料における断熱という意味と一般的な断熱材での意味は違ってきます。
一般的な断熱材は、熱が通りにくい素材を厚みに持たせ、場合によって厚みを変えることで熱の影響を遅くします。
断熱、という面だけを見れば、一般的な断熱材の方が性能はいいと言えるでしょう。

なので、塗料の場合、断熱塗料だけを使用しても高い効果は得られませんので、遮熱塗料と組み合わせて使用されることがほとんどです。
遮熱塗料は表面温度が上がるのを抑え、表面温度からなる内部への影響を断熱塗料である程度遮断する、これが一般的な断熱塗料の使用方法です。
塗料の中には、内部に影響する熱を、塗膜の素材によって反射作用を働かせて影響を遅らせることのできる塗料などもあります。
遮熱塗料は種類が豊富に出ていますが、断熱塗料の数は圧倒的に少ないです。

代表的な遮熱・断熱塗料

5. 遮熱塗料・断熱塗料により期待できる効果と建物構造

遮熱塗料も断熱塗料も室内温度の上昇を防ぐ、という役割で使用されていますが、建物によっては同じ効果を得られません。
建物によってそれぞれ用途も形状も異なり、今ある断熱設備がどのようなものかによって大きく違ってきます。
その中でも一般的に一番効果が出やすいのが工場や倉庫です。なぜかというと、工場や倉庫の多くに断熱材などの断熱層が無い場合が非常に多く、一番効果が分かりやすく出やすいのです

一般的な遮熱と断熱のカタログの中で、比較として紹介されている建物もそのような理由から工場や倉庫がほとんどで、結果や状態の写真などを載せていることが多々あります。
それとは対照的に効果が出ないと言われている建物は、私達が生活している戸建住宅なのです。